スポンサーサイト

0
    • 2012.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ρoщёγёdβчCγoщ-29

    0
      ρoщёγёdβчCγoщの29番目のからすの画像はモデルが発表された                


      ρoщёγёdβчCγoщ-29


      シンクライアントの歴史を考える場合、どの時代の何を起源とするかは、議論の余地のあるところである。古くは、大型汎用コンピュータと共に使われていたダム端末に起源を求める説もあれば、X Window SystemのX端末を起源とする説もある。確かにこれらは、上記したシンクライアントの定義からすると、シンクライアントそのものではある。しかしながら、これらが「シンクライアント」と呼ばれることは、ほとんどないことは事実であろう。 世の中で「シンクライアント」と言う用語が使われ始めたのは、1996年のことである。きっかけとなったのはOracle社で、「NC (Network Computer)」と言う呼称を用いて新しい端末のコンセプトモデルを打ち出した。さらに数ヵ月後にはSun Microsystems社から「Java Station」と言う呼称で、同様のコンセプトモデルが発表された。
      JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

      ρoщёγёdβчCγoщ-28

      0
        ρoщёγёdβчCγoщの28番目のからすの画像は用語が用いられる                


        ρoщёγёdβчCγoщ-28


        シンクライアントの「シン(thin)」とは、すなわち「薄い、少ない」という意味で、クライアント端末がサーバに接続するための最小限のネットワーク機能、およびユーザーが入出力を行うためのGUIを装備していれば良いことを示している。シンクライアントとは逆の意味を持つ用語としては、「ファット(FAT)クライアント」または「シック (Thick)クライアント」がある。本来の英語の「thin」の反対語は「thick」であるが、日本ではシンクライアントの反対語としては「ファットクライアント」の用語が用いられることが圧倒的に多い。
        JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

        ρoщёγёdβчCγoщ-27

        0
          ρoщёγёdβчCγoщの27番目のからすの画像は共通化していた                


          ρoщёγёdβчCγoщ-27


          ワープロソフト、ワープロ専用機で作成した文書はファイルとして保存する。ワープロ専用機はファイルを2DD、2HDなどのフロッピーディスクに保存するが、各社のワープロ専用機のフロッピーディスクの文書フォーマットも統一されていない状態で普及した。唯一、NECのみはフロッピーディスクのフォーマットを、パソコンのPC-9800シリーズ(MS-DOS使用時)と共通化していた。 さらに文書ファイルの内部はワープロソフトによってそれぞれ独自の形式になっている。このようなことからワープロソフト間、ワープロ専用機とパソコンのワープロ間でファイルを交換するには専用の文書ファイル・コンバータが必要である。
          JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

          ρoщёγёdβчCγoщ-26

          0
            ρoщёγёdβчCγoщの26番目のからすの画像は慣れ親しんだ                


            ρoщёγёdβчCγoщ-26


            しかし、ワープロ専用機を支持する熱心なユーザーも多く、中古機市場での相場が逆に上昇したこともある。理由には、50歳代以上の年代には慣れ親しんだワープロ専用機への愛着が強いこと、ワープロ専用機は必要な機能が本体ハードウエアに一体化されており電源を入れるだけですぐ使えること、パソコンのような色々な操作やパッチ(フィックス)適用などがほぼ不要な事が挙げられる。このため2010年現在、ワープロの製造・修理サポートが終了以後には、修理専門の業者が既存で残った製品の部品から使えるものを選び出し、壊れた製品のそれと交換する形でしのいでいる事が報道された。
            JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

            ρoщёγёdβчCγoщ-25

            0
              ρoщёγёdβчCγoщの25番目のからすの画像は漢字プリンタが登場する                


              ρoщёγёdβчCγoщ-25


              その一方でパーソナルコンピュータには漢字ROMが搭載され、BASIC(当時はオペレーティングシステム(OS)も兼ねていた)でも漢字を使用する事ができる様になり、ソフトウエアをベースとするワープロが登場し、簡易的なワープロソフトや安価な漢字プリンタが登場するに至った。この後、パソコンの代表的なオペレーションシステムであるMS-DOS上でも漢字処理ができる様になり、パソコンの普及とその市場の拡大とともに安価なワープロソフトが誕生するに至る。 また1980年代にはこれら個人向け製品の流れとは別に、ビジネス用途としてワークステーションに漢字処理機能が搭載されパーソナルワープロ同様の機能に加え様々な組版機能が盛り込まれた物が登場する。これらの多くは企業内での文書作成の写植システムとして活用され、パーソナルワープロとは別の道を歩む事となる。 1990年代に入ると、パソコンやワープロソフトの低価格化、安価なパソコン用高性能プリンターの登場で、ワープロ専用機は売れ行きが落ち、2001年までに製造が中止された。企業内での文書作成も、一般のビジネスソフトと市販プリンタで代替されていき姿を消した。
              JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

              ρoщёγёdβчCγoщ-24

              0
                ρoщёγёdβчCγoщの24番目のからすの画像は個人への導入が始まった                


                ρoщёγёdβчCγoщ-24


                1980年代になると、価格も下がり、大手企業へ導入され始め、1980年代後半には30万円以下にまで下がり、ワープロ専用機は、持ち運びが可能な大きさまで小型化されたパーソナルワープロとして、中小企業や個人への導入が始まった。 この頃の個人向けパーソナルワープロは、本体にキーボードに一体化されたプリンタと数行程度の液晶表示パネルを備える専用機であり、文章の作成、校正、編集、印刷などの機能を持つだけであった。機械の性能が向上するに連れて、液晶表示パネルの表示行数が増加し文書全体のレイアウトを把握しやすくなり、また印字機能の発達により明朝体のみだった印刷フォントもゴシック体や毛筆体など種類が増え、写植に匹敵するような高精細な印字が可能となった。さらにはカード型データベースや住所録、表計算、パソコン通信などの付加機能も搭載されているものが増え、テキストの処理に関しては当時のパーソナルコンピュータ(パソコン)と同等以上の高機能となった。
                JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

                ρoщёγёdβчCγoщ-23

                0
                  ρoщёγёdβчCγoщの23番目のからすの画像は移行する経過を経た                


                  ρoщёγёdβчCγoщ-23


                  文章を入力し、活字で印字するシステムとして、欧文を用いる地域ではタイプライターが利用されていた。日本語ではアルファベットだけでなくかなや漢字も使うため、欧文タイプライターのように個別のキーの押下が印字ヘッドの運動に変換される機構では文字数が不足であった。日本語用の和文タイプも存在したが、1000以上の文字が並んだ盤面から目的の文字をひとつずつ検索して拾い上げる必要があり、操作方法が煩雑で熟練技能を必要とした。 日本では技術的発展と市場への普及時期の関係から、ワープロ専用機の時代を経てパソコンでのワープロソフトの利用へと移行する経過を経た。このため装置としてワープロと称する場合には前者のワープロ専用機を指すことが多い。一方欧米諸国ではアルファベット文字を使用しタイプライターが普及していたためワープロ専用機の必要性が少なく、タイプライターからコンピュータのワープロソフトに短期間で移行したためワープロ専用機は普及しなかった。
                  JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

                  ρoщёγёdβчCγoщ-22

                  0
                    ρoщёγёdβчCγoщの22番目のからすの画像は装置に組み込まれた                


                    ρoщёγёdβчCγoщ-22


                    現在、デスクトップコンピュータ用として最も普及しているOSはマイクロソフトのWindowsである。 世間に普及するコンピュータを台数を基準として見た場合、そのほとんどはデスクトップコンピュータとして存在しておらず、携帯電話や炊飯器などの電気製品、各種の測定機器、乗用車や工作機械などの装置に組み込まれた、非常に小さく安価なコンピュータとして実装されている。これらを組み込みシステムと呼ぶ。一般に組み込みOS (embedded OS) と呼ばれる専用のOSを用いる。TRONプロジェクトのITRON、米WindRiver社のVxWorks、米Symbian社のSymbian OS、米LinuxWorks社のLynxOSなどが利用されている。ただし、近年は開発期間の短縮などの目的で、WindowsやLinuxといったデスクトップコンピュータで使われているOSと同系統のOSを搭載する場合もある。また、小規模な組み込みシステムのなかには、明確なOSを内蔵していないものも多い。
                    JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

                    ρoщёγёdβчCγoщ-21

                    0
                      ρoщёγёdβчCγoщの21番目のからすの画像は製品化されなかった                


                      ρoщёγёdβчCγoщ-21


                      オペレーティングシステムはハードウェアを抽象化した層を提供し、他のプログラムがハードウェアにアクセスできるようにする。例えばデバイスドライバと呼ばれるコードがその例である。これによってプログラマは、コンピュータに接続された全ての電子装置について、その奥深い詳細を知る必要なくそれらの機械を使うプログラムを書くことができる。また、ライブラリと呼ばれる再利用可能な多くのプログラム群を備え、プログラマは自ら全てのプログラムを書くことなく、自らのプログラムに様々な機能を組み込むことができる。 ハードウェアの抽象化層を持つ現在のオペレーティングシステムの多くは、何らかの標準化されたユーザインタフェースを兼ね備えている。かつてはキャラクタユーザインタフェースのみが提供されていたが、1970年代にアラン・ケイらがDynabook構想を提唱、暫定Dynabookと呼ばれるaltoとsmalltalkによるグラフィカルユーザインタフェース環境を実現した。なお、暫定Dynabookは当時のゼロックスの首脳陣の判断により製品化されなかった(ゼロックスより発売されたグラフィカルユーザインタフェース搭載のシステムXerox Starは暫定Dynabookとは別系統のプロジェクトに由来する)が、この影響を受け開発されたアップルコンピュータの LisaやMacintosh、マイクロソフト社のWindowsの発売、普及により、グラフィカルユーザインタフェースが一般的にも普及することとなった。
                      JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

                      ρoщёγёdβчCγoщ-20

                      0
                        ρoщёγёdβчCγoщの20番目のからすの画像はコンピュータを動作する                


                        ρoщёγёdβчCγoщ-20


                        具体的に処理すべき作業の有無によらず、コンピュータに自らの演算資源を管理し「ユーザーの指示を待つ」という動作を取らせるためにさえ、ある種のプログラムを必要とする。典型的なコンピュータでは、このプログラムはオペレーティングシステム (Operating System = OS) と呼ばれている。オペレーティングシステムをはじめとする、コンピュータを動作させるのに必要となるソフトウェアを全般に、「基本ソフト(基本ソフトウェア)」「システムソフトウェア」と呼ぶ。 コンピュータを動作するためオペレーティングシステムは、ユーザー、もしくは他のプログラムからの要求に応じてプログラム(この意味では、アプリケーションソフトウェアもしくは単にアプリケーションという用語も使用される。ソフトウェアという用語も似た意味合いだが、これはプログラム一般を指すより広い概念である)をメモリー上にロードし、プログラムからの要求に応じていつ、どのリソース(メモリやI/O)をそのプログラムに割り当てるかを決定する。
                        JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ