<< ρoщёγёdβчCγoщ-5 | main | ρoщёγёdβчCγoщ-7 >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ρoщёγёdβчCγoщ-6

    0
      ρoщёγёdβчCγoщの6番目のからすの画像は崩壊とともに一旦中断する                


      ρoщёγёdβчCγoщ-6


      古代ローマ帝国、紀元1世紀のポンペイ遺跡から高さ90cm以上の大きな静物画の壁画が複数出土しているので当時から静物画が制作されていた事が分かる。ただ、この伝統はローマ帝国の崩壊とともに一旦中断する。 西欧の静物画は、15世紀の宗教画の一部や豪華本挿絵の一部(例、エンゲルベール ファン ナッサウの時祷書、1490頃)から発達した。ヤン・ファン・アイクのヘントの祭壇画(聖バボ聖堂、ゲント)外翼(1432)にはタオル、水盤などの日常的な静物が描かれている。独立した静物画として最古の作品はハンス・メムリンク『若い男の肖像』(ティッセン=ボルミッサ美術館、マドリード)の裏面に描かれた『花瓶の花』(1490頃)である。ただし、百合は聖母の純潔の象徴であり、花瓶にはキリストの頭文字が入っているので、宗教画との中間的存在である。
      JUGEMテーマ:ρoщёγёdβчCγoщ

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.11 Saturday
        • -
        • 17:00
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        profile
        search this site.
        others